学校生活

   ホーム  >  学校生活 [ 学習の進め方 ]

学習方法

 通信制では、レポート、スクーリング、テストの3本柱で単位を修得していきます。

 

レポート

 通信制での学習の中心はレポートです。科目ごとにそれぞれ決められた枚数のレポートを提出しなければなりません。そのための学習は、基本的には自学自習です。毎日、自宅で教科書や学習書を読みながらレポート作成に取り組みます。レポートは、一通につき、A3判1枚分の設問に答える形式ですが、記述式の問題、特に自分自身でじっくりと考えるべき問題が多いのが特徴です。レポートは学校に郵便で送ります。それを教科担当の先生が添削し、しばらくたってから送り返します。再び手元に帰ってくるまでに1ヶ月位かかります。出来の悪いレポートはすぐに戻ってきて合格するまで「再提出」しなければなりません。

 

スクーリング

 スクーリングと呼ばれる面接指導(実際は授業形態)が、土曜日と日曜日に行われています。年間では18回になります。授業は45分が6時限、(2回に1回は90分4時限)で行われ、自分の選択している科目の授業に出席します。すべての授業に出席する必要はありません。各科目ごとに定められた標準出席時間(1~8時間)に出席すれば良いのです。その他に、7月と12月に行われる特別スクーリングもあります。スクーリングの内容は、レポートの解説が中心ですが、実験や実技・実習を行う教科もあります。

 

テスト

 テストは前期・後期の年2回です。2週間にわたって土曜日と日曜日に行われます。試験時間が重なる科目は、特別時間で受けることもできます。2回とも受験し、ある程度の点数をとっておく必要があります。

 以上の3つの条件を満たすことによって、単位修得が認められます。

 ホーム
福岡県立博多青松高等学校 通信制
〒812-0044福岡市博多区千代1丁目2番21号
Tel:092-632-4193  Fax:092-632-4199
福岡県教育センター 〒811-2401 福岡県糟屋郡篠栗町高田268 Tel:092-947-0079 Fax:092-947-8082